よくある質問

ミュージアムについて

ミュージアムはどんな施設ですか?

日本のアニメについて調べたり、アニメのしくみや作り方を楽しく学んだりするための施設です。
アニメを観ることやアニメを作ってみることもできます。
※テレビや映画館で流れているアニメはミュージアムでは作っていません。

何歳くらいが対象の施設ですか?

小さなお子様から、ご年配の方までが対象です。アニメファンの方はもちろん、お子様はアニメを観たり、アニメキャラクターを見て楽しんだりできます。
ご年配の方も、アニメ文化や歴史、アニメの技術などを知ることができます。

見てまわるのに、どのくらい時間がかかりますか?

展示を見るだけなら、1時間程度で見てまわれます。そのほかに、アニメを観たり、本を読んだり、アニメ作りを体験することもできますので、1日いても楽しむことができます。
当ホームページ内「フロアガイド」をご覧ください。

料金はいくらですか?

シアター上映等も含めて、料金は無料です。ただし、ワークショップなどに参加した場合、材料費などがかかることがあります。

どんなアニメが観られますか?

アニメ作品は、「アニメシアター」や「アニメライブラリー」で見ることができます。
当ホームページ内「シアター情報」、「アニメライブラリー」をご覧ください。

アニメの勉強について

アニメについて教えてもらえますか?

事前に電話などでお申込みいただければ、ご来館時にアニメについてのご質問にお答えいたします。

ミュージアムでアニメを作れますか?

ミュージアム内には、パラパラアニメコーナーがあります。そこでは、自分で描いた作品を撮影してアニメにすることができます。作ったアニメは、CD-RやUSBメモリを持参していただければ、お持ちかえりできます。
CD-Rは1枚100円で販売しています。
【パラパラアニメ開催時間】 平日 15:00~16:30 / 土日祝 11:00~16:30
※イベント等の開催によりお休みになることがあります。
・パラパラアニメとは?→「ムービー倶楽部」内、『パラパラアニメとらのまき』を ご覧ください。

ミュージアムでテレビアニメを作っていますか?

ミュージアムでは、テレビアニメは作っていません。ワークショップなどを通じて、アニメのしくみやアニメの作り方を教えています。

アニメ会社へ見学に行きたいのですが?

ミュージアムでは、アニメ会社への見学のあっせんは行っていません。ただし、ミュージアム内には、アニメの制作現場を再現した展示コーナーがあります。

アクセスについて

ミュージアムへの交通手段を教えてください。

くわしくは、当ホームページ内「アクセス」をご覧ください。

駐車場・駐輪場について

駐車場はありますか?

専用の駐車場はありません。最寄りのコインパーキングをご利用ください。 コインパーキングは、20分100円のところが多いです。
福祉施設などから車でご来館する際は、事前にご連絡ください。(ミュージアム事務局TEL:03-3396-1510)

自転車やオートバイの駐輪場はありますか?

ミュージアムの建物(杉並会館)正面玄関前の駐輪スペースがご利用いただけます。

休館日について

休館日はいつですか?

毎週月曜が休館日です。ただし、月曜が祝祭日に当たる場合は開館して、翌平日が休館日となります。
その他、年末年始(12月28日~1月4日)が休館日となります。また、展示の入れ替え等により、臨時休館することがあります。
くわしくは、ホームページ左側のカレンダーをご確認ください。

団体予約について

団体で行きたいのですが、予約は必要ですか?

ご予約をお願いします。くわしくは、当ホームページ内「団体申し込み」をご覧ください。
団体申込書【PDF形式】がダウンロードできるようになっているので、必要事項を記入後、FAXでお申込みください。お申込み後、折り返し予約確認のご連絡をいたします。
尚、ワークショップなど一部有料の場合もございます。

外国語対応について

外国語で説明してもらえますか?

貸出し式の「音声ガイド(無料)」で、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の館内案内を聞くことができます。 音声ガイドの利用をご希望の場合は、3階受付でスタッフにお申込みください。
団体の場合(おおよそ5名以上)は、電話またはメール(お問い合わせ)で事前にお申込みください。
なお、その他の言語での対応はしておりません。

バリアフリーについて

バリアフリーの設備について教えてください。

福祉施設や障害を持たれている方の駐車場のご利用については、ミュージアム事務局(03-3396-1510)へ事前にお問い合わせください。
  • ミュージアムで車イスの貸出しは行っていません。
  • ミュージアムの建物の入り口にはスロープがあります。エレベーターで3階へお越しください。 くわしくは、「フロアガイド」をご覧ください。
  • ミュージアムには3階、中3階、4階の3つのフロアがあります。3階から4階へはエレベーターをご利用いただけますが、中3階への移動は3階から一人用座席タイプの簡易階段昇降機をご利用いただきます。
  • 車イス用トイレは地下1階にあります。

乳幼児について

ベビーカーの貸出しはありますか?

ミュージアムでの貸出しは行っておりません。

おむつ換えできる場所はありますか?

3階女子トイレ、または、4階授乳室をご利用ください。

飲食について

飲食はできますか? 飲食できるスペースはありますか?

展示品保護のため、ミュージアム内での飲食は禁止です。飲食は、地下1階にある談話室(約40席)をご利用ください。談話室はフリースペースとなっております。なお、ゴミはお持ち帰りください。
大人数での利用をお考えの方は、ミュージアム事務局までご連絡ください。晴天であれば、近くにある「桃井はらっぱ公園」(ミュージアムから徒歩5~10分)のご利用をおすすめしています。

飲食できるお店はありますか?

ミュージアムの建物内には、飲食できるお店はありません。ミュージアム周辺には、いくつかの飲食店があります。

喫煙について

館内に喫煙所はありますか?

館内は禁煙です。ミュージアムのある建物の中に喫煙所はありませんが、ミュージアムの建物の南口に喫煙所があります。

撮影について

館内の撮影はできますか?

館内には写真撮影できる所とできない所があります。くわしくは来館時にスタッフまでお尋ねください。なお、ビデオカメラなどでの録画・録音は、禁止しています。
※アニメキャラクターの画像を著作権者の許可なしにインターネットなどにアップすることは法律で禁じられておりますので、ご注意ください。

アニメライブラリーについて

どんなアニメや本が見られますか?

当ホームページ内「アニメライブラリー」で、所蔵DVD・書籍の検索ができます。
本棚に並んでいない書籍もありますので、確実にご覧になりたい場合は、事前に当館ホームページのメールフォームからご予約をお願いします。詳しくは「アニメライブラリー」のページをご覧ください。

ライブラリーのDVDや本を、家に持ち帰って見ることはできますか?

できません。ライブラリー内でのみ、閲覧できます。
また、コピーサービスなども行っておりません。

DVDや本は自由に見ることはできますか?

DVDの貸し出しは、その都度申請していただきます。身分証明書などは必要ありません。ただし、座席の数が限られているため、DVDは原則として30分交替となります。 書籍は自由にご覧いただけますが、1人で何冊も専有することはご遠慮ください。

ミュージアムショップ(お土産品コーナー)について

クレジットカードは使えますか?

ご使用いただけません。現金のみの取り扱いとなります。

「商品券」は使えますか?

ご使用いただけません。
その他各種プリペイドカード等もご使用いただけません。

どんな商品がありますか?

杉並区のキャラクター「なみすけ」グッズのほか、種類は多くありませんが、各種アニメグッズを販売しています。
なお、企画展関連商品は期間限定販売となります。

無料Wi-Fiについて

無料Wi-Fiは使えますか?

ミュージアム内で無料Wi-Fiがご利用いただけます。 詳しい使い方は、館内の掲示物をご覧ください。

ミュージアムトリビア

どうして、杉並区にアニメーションミュージアムができたのですか?

全国に622社あるアニメーション制作会社のうち杉並区には138社があり、これは全国市区町村の中でもっとも多い数となっています。※
杉並アニメーションミュージアムは2005年3月5日にオープンした杉並区の施設ですが、その当時も杉並区には多くのアニメ制作会社がありました。
そこで杉並区では「アニメ」を大切な地場産業ととらえ、その支援の一環としてミュージアムができました。
日本のアニメを一堂に集めて展示している施設は、杉並アニメーションミュージアムが日本で初めてとなります。
〔※出典:一般社団法人 日本動画協会「アニメ産業レポート2016」〕

杉並区には、どんなアニメをつくっている会社がありますか?

アニメーション制作にかかわっている会社は138社あります(出典:2016年 一般社団法人日本動画協会調査)。 杉並区にある代表的なアニメ制作会社は次のとおりです。《五十音順》
  • A-1 Pictures(『黒執事』、『宇宙兄弟』、『アイドルマスター』など)
  • カラー(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』など)
  • ゴンゾ(『ブレイブ ストーリー』、『それが声優!』など)
  • サテライト(『ログ・ホライズン』、『創聖のアクエリオン』、『マクロスΔ(デルタ)』など)
  • サンライズ(『機動戦士ガンダム』、『アイカツ!』、『銀魂』など)
  • 白組(『fridends もののけ島のナキ』、『STAND BY ME ドラえもん』など)
  • プロダクションリード(『おわんこ』、『魔法のプリンセスミンキーモモ』など)
  • ボンズ(『鋼の錬金術師』、『血界戦線』など)
  • 〔日本動画協会 会員会社のみ記載しております〕

「なみすけ」って何ですか?

namisuke
杉並区のキャラクターです。
くわしくは、杉並区ホームページ内「なみすけの森」をご覧ください。また、ミュージアムショップにて、なみすけグッズを販売しています。

ミュージアムのオリジナルキャラクターはいますか?

sam います。名前を「ワンダーサム」といいます。誕生日は2006年3月6日(サムの日)、犬のおとこのこです。
kuronyan ほかに、クロネコの「すぎなみクロニャン」がいます。「クロニャン」は、4コママンガとして西武新宿線上井草駅ホームに掲示されています。 どちらのキャラクターも生みの親は「鈴木伸一館長」です。

鈴木伸一館長について

鈴木館長はどんな人ですか?

kanchou
日本でテレビアニメがはじまる前からアニメーションを作っている人です。
また、アニメーションの学校などでアニメ作りを指導して、アニメを作る楽しさを伝えています。
くわしくは、当サイト「ごあいさつ」のページにある、館長のプロフィールをご覧ください。

鈴木館長のサインがほしいのですが…

サインの依頼は、おことわりしております。ご了承ください。